はじめてのおつかい

 

御世話になります。

1年ってあっという間に終ってしまうので、必死にブログネタを考えてる井上です。毎日ブログを書いている人は本当に凄いなと、感心致します。


 去年の年末頃から、社員の資格取得に向けての手続きや、キャリアアップシステムの登録、整備を行ってきました。

だいたいの手続きに必要な物は、個人情報と印鑑があれば大抵の手続きはできると思うのですが、登録の項目によっては証明写真の提出を求められる事があると思います。

 普段証明写真が必要なら、個人で写真を撮ってきてもらうのですが、外国人実習生の場合は証明写真機の設置場所もわからなければ、写真の撮り方もわからないので、だいたいは付き添いで一緒に行き証明写真を撮ります。

 しかし今回、実習生のチャンバンタンは自分一人で写真を撮りに行ける!と自信に満ち溢れていたので、お願いする事にしました。

 証明写真機の設置場所は事務所から徒歩で往復20分くらいだったので簡単な地図を渡し、使い方を説明、お金を持たせて、何度も確認し準備をさせました。チャンバンタンは実習生の中でも一番日本語が上手く、しっかり者なので、私の説明を真剣に理解しようとする彼の姿勢は一人で写真を撮ってこれると自信から確信に変わった瞬間でもありました。

 私にも5歳の子供がいるのですが、まるで自分の子供が「はじめてのおつかい」に行くような、そんな気持ちでチャンバンタンを見送りました。





10分、、、






20分、、、

「だいじょうぶかな?」





30分、、、

「けっこう時間かかってるなー」と思った頃、チャンバンタンは帰ってた。



『井上さん、写真取れました!』と嬉しそうに証明写真をもってくる姿はまるで、戦から帰ってきた英雄の様にたくましく見えました。


「チャンバンタン凄いわ!ホントにありがとね!」と声を掛け受け取って見てみると。





、、、。





えっと・・??





チャンさん??

何これ??

↓↓↓















チャンさん。これプリクラ(T_T)チーン。。。


そしてしっかり、猫耳のスタンプと落書きしてるよね。


あと顔もマット桑田さんになってるよね。




完全にチャンバンタンにかまされました( ;∀;)

プリクラの存在をベトナム人に良く説明しなかった私が悪かったです。

そもそもプリクラ事体がベトナムにないから、わかるわけありませんよね。

これを見ている技能実習生 雇用者の方は、再度良く説明してから証明写真を撮らせましょう。



今回一人頑張ったチャンバンタンには温かい拍手をお願いいたします。

なんせ、プリクラを取るために中高生に紛れてプリクラを撮って来たのですから、、、

ちなみに、このプリクラを「jpg」にして添付した所、本人確認ができませんでした。