H29年7月 安全大会

 


今月は今年2回目の安全大会を開催しました。


石山建設の安全目標の誓いとして、

「自分自身で行う熱中症対策」

「第三者災害の意識向上」

を掲げ、誓いに沿った安全大会になりました。


現場でも「熱中症!熱中症!」と日々言われていますが、

石山建設の対策としては、一人一人に水筒の支給、空調服の支給をしました。

そして各自で体調管理をし、朝のミーティングでの体調確認を行います。

スポーツドリンクや熱中症飴を常備し、作業前後に食べるように促しました。

一番熱い時間帯(14:00頃)を避け早めの休憩、サマータイムとなる基準を設けました。

災害事例としては、熱中症の他に、溶接時の汗による感電について話し合いました。